TOP体験談 ガラクタ整理

Fさん(女性、子育て中のママ、東京都)

キヨさん、こんにちは。
先日はガラクタ整理講座ありがとうございました。キヨさんのお腹に響く声に魅了されながらのあっという間のひとときでした。

翌日、早速乾物を整理しました。賞味期限切れの乾物があちらこちらから出てきました。
存在すら忘れていた処方薬も出てきて、即捨てました(5年前の処方薬でした)。

実は、パスタの賞味期限が切れているのに捨てるのをためらい、元に戻そうとしました。「まだ1か月位だから、大丈夫。子どもにはあげられないけど、私が食べたら大丈夫。もったいないし。」といつもの自分が出た時、キヨさんの言葉が頭をよぎりました。
「いかに自分が変わりたいのか。スペースを作れば変化していく。」
そうだ、私は変わりたいんだ!ガラクタだらけの生活を変えたいんだ!とハッとしました。

今までの私はもったいないから、と食べなくて良いものまで食べていました。自分のことはどうでもよいと思っている自分がいました。

それに気付いた時、なんだか涙が出てきました。子ども達の世話や家事に追われ、自分の事は後回し。もちろん子どもを第1に考えなければいけない時もありますが、母自身が自分自身を大事に大切にしよう。そうしないと子ども達に対しても夫に対してもイライラしたり、きつくあたったり、悪影響だ。そう感じました。

子どもがまだ幼いから時間がないから整理できないと言い訳していましたが、子どもが遊んでいる間に乾物の整理ができました。5分もすると抱っこ抱っこ~と来ましたが、その5分間で乾物が整理できました。
私にはその5分を積み重ねいくのが合っているようです。

「何かを達成するためにベストな方法は始めること」本当にその通りでした。次はここを整理しよう、その次はあそことワクワクしています。ガラクタ整理して、スペースをどんどん作り、新しい自分に変わっていきたいです。

本当に素晴らしい講座、ありがとうございました。

竹内 清文さんの人生のストーリー

Copyright © 2017 Takeuchi Kiyofumi All rights reserved.