よくあるご質問

よくあるご質問

ガラクタ整理と空間浄化は違いますか?

はい、違います。
特にインターネット上では二つが同じ意味で使われることもあるようですが、厳密には、ガラクタ整理とはものの整理、空間浄化とは、家などの建物に残っているエネルギーの浄化のことです。

ガラクタ整理はどなたでも、いつでも出来ます。特別なテクニックは必要ありません。
それに対し、空間浄化には一連の流れがあり、やり方を習わない限り、行うことは出来ません。またプロの空間浄化師は、一般の方が行う空間浄化よりももっと深いレベルで、異なったテクニックも用いて行っています。

ガラクタがたくさんありますが、空間浄化をお願いできますか?

ガラクタがない、もしくは少ない空間で行ったほうが空間浄化の効果は最大限発揮されます。
しかしながら、ガラクタが多く、どう整理すればわからないという方にも空間浄化はとても有効です。

ガラクタの周りには滞ったエネルギーがたまっているので、ガラクタが多ければ多いほどその滞りは強く、そのため、ガラクタ整理しようと思ってもなかなかはかどらなかったり、先延ばししてしまったりすることがあります。空間浄化によって、そのガラクタの周りにたまった滞ったエネルギーをある一定期間軽くすることが出来ます。それにより、ガラクタ整理がやりやすい状態になります。

また、空間浄化ではガラクタ整理のアドバイスも行いますので、そのアドバイスをもとにガラクタ整理をしてみて下さい。

もし時間的に、金銭的に余裕があれば、ぜひガラクタ整理後にもう一度空間浄化をご依頼下さい。ガラクタのない空間で空間浄化をすれば、ガラクタがあった時にはできなかった、さらに深いレベルで家のエネルギーをきれいにすることができます。

空間浄化はどのくらいの頻度で行うのがいいでしょうか?

掃除をしないと埃がたまるのと同じで、家も空間浄化をしないと滞ったエネルギーはたまります。
空間浄化は目処として、1年に1度行い、家をリフレッシュさせるのがよいです。

ただこれはあくまで目処で、例えば、就職、転職、引越し、病気、結婚、離婚など、人生で大きな変化があった際は空間浄化を行うのが望ましいです。それにより、新しいスタートを最適な家のエネルギーで進めることができるからです。

職場を空間浄化していただけますか?

はい、もちろん可能です。
ただし、もしまだ家を空間浄化していないのであれば、家の空間浄化を先に行うことを心からお勧めします。
それは、人と家の関係は、人と職場の関係よりも結びつきが強く、家を空間浄化することで、仕事も含め、人生全体に良い変化をもたらすことが出来るからです。その人の全て、例えば、生き方や考え方、感情などは家にエネルギーとして残っています。そのエネルギーが仕事にももちろん影響を与えているのです。ですので、家を空間浄化することが仕事にも必ずいい影響を与えるのです。

なお、もし時間的、金銭的に余裕があれば、家の空間浄化の後に職場の空間浄化をご依頼下さい。家と職場と両方行うことで、効果はより高くなります。
もちろん、職場のみの空間浄化も対応可能ですので、ご希望があればどうぞお申し込み下さい。

家や職場以外どんなところが空間浄化できますか?

例えば、宿泊するホテルを空間浄化することができます。ホテルにはたくさんの人が宿泊していて、掃除はされていても、それまでに宿泊した人のエネルギーが残ったままになっています。ホテルでの滞在を快適なものとするために空間浄化をぜひ活用下さい。

また、講演会やイベントなどで使用する会場も空間浄化が可能です。さらに、結婚披露宴会場や、ブライダルスイートなどを空間浄化することで、新婚夫婦の新たな門出をベストなエネルギーの状態で迎えることが可能です。

引越しの時はいつ空間浄化をお願いするのがいいでしょうか?

新居に家具等を配置した後に行うのが最も望ましいです。
空間浄化では、家などの建物に残ったエネルギーだけでなく、ベッド、ソファー、テーブルなどの家具に残っているエネルギーも浄化することができます。ですので、引越しの時は、荷物を全て搬入し、家具などの配置が終わった後で空間浄化を行うことにより、家と家具両方のエネルギーの浄化ができます。

ただし、日程などの都合でそれが難しい場合、荷物が入っていない状態の空きの家を空間浄化することも可能です。
また、引越し前の、それまで住んでいたアパートや家を空間浄化することもお勧めします。それにより、あなたが住んでいた場所に今後引越してくる人が、以前の住人の影響を受けずフレッシュな状態で生活を始めることができます。お世話になった家への感謝の気持ちとして、そして将来の住人へのプレゼントに、ぜひ空間浄化を活用しませんか?

当日、空間浄化に興味がある人や、住んでいない人が同席することはできますか?

できません。空間浄化はその家に住んでいる方だけのために行いますので、住人以外は同席ができません。

赤ちゃんや子どもは同席できますか?

小さなお子さんは同席しないことをお勧めします。
空間浄化は3時間半から5時間近くかかる、本格的なセレモニーです。小さな子どもが同席した場合、お子さんの集中が切れてしまうと、大人もそちらに気が取られ、肝心な空間浄化自体に集中ができなくなり、効果が半減します。
なお、親御さんの判断で、長時間の集中力があると思われる年齢のお子さんであれば、同席いただいて全く問題ありません。

なぜ空間浄化終了後の当日の来客や外出、またその後1週間の外泊ができないのでしょうか?

空間浄化は行っている最中も大切ですが、終了後もとても大切です。空間浄化で新しくなった家のエネルギーを住んでいる人たちが十分に受け取り、身体の中にしみこませていくことで、空間浄化の効果が最大限発揮されるのです。
終了後来客があったり外出したりすると、せっかく空間浄化で新しくなった家のエネルギーの方ではなく、お客様や、外出先の出来事に気がとられてしまい、空間浄化のエネルギーを受け取ることが出来なくなります。

また、睡眠中も人は空間浄化のエネルギーを受け取ることできます。

空間浄化の効果を最大限発揮させるためにも、当日お客様は呼ばず、新しくなった家のエネルギーのもと、住人だけで、ゆったりした贅沢な時間を過ごしてください。そして、1週間その家で寝ることで、しっかり新しいエネルギーを受け取ってください。

同居人のガラクタが気になります、どうすればいいでしょう?

他人のガラクタには一切手をつけず、自分のガラクタを整理してください。他人のガラクタに手をつけると必ずけんかになってしまいます。

ガラクタ整理はいい意味で「感染」します。あなたがガラクタ整理を続けていれば、その効果は必ず周りにも伝わります。
また、他人のガラクタは目に付きやすいですが、それ以上に自分がガラクタを持っている、ということもよくあるものです。とにかく自分のガラクタを整理しましょう。

ガラクタとは執着です。ガラクタを持っているその他人はそのガラクタに執着しています。
さらに、実はあなたも、ガラクタを持っているその人がガラクタを手放してくれることに執着してしまっているのです。「夫がガラクタ整理をしてくれればこの家はどんなによくなるんだろう」「母親のガラクタがあるから運気が下がっているんだ」と、他人がガラクタを手放すことに執着してしまうのです。

あなたの「手放させたい」という執着と、他人の「持っておきたい」という執着がぶつかり合っても、うまくいくはずは絶対にありません。まずはあなたがその執着を手放し、自分のガラクタにとことん向き合って、ガラクタ整理をしてみて下さい。
あなたがガラクタ整理をすることで内面がすっきりしたり、行動が変わり始めたりすれば、必ず周りの人はその変化に気づくものです。あなたにガラクタ整理の効果が現れてくることで、きっと周りの人もガラクタ整理に興味を持ち始めるでしょう。他人にガラクタ整理の効果を説明するよりも、あなた自身が変わることのほうがずっと説得力があります。

まずは、あなたから、です。自分のガラクタをとにかく徹底的に整理しましょう。

竹内さんにガラクタ整理をお願いできますか?

いいえ、できません。空間浄化を行う際も、ガラクタ整理のアドバイスは行いますが、竹内自身がみなさんのガラクタ整理を行うことはありません。
ガラクタ整理は自分自身で行わないと効果がありません。他人に整理してもらって、一時的にガラクタが減っても、また将来ガラクタが増え、もとの状態に戻ってしまいます。
あなたのガラクタはあなたのガラクタです。自分自身で整理して、ガラクタを持つ人生から卒業しましょう!

竹内 清文さんの人生のストーリー

Copyright © 2017 Takeuchi Kiyofumi All rights reserved.