TOP体験談 空間浄化

MYさん

スペースクリアリング後、静かにこの部屋を感じながらすごしています。
今までこの部屋にいたどんな時よりも、気持ちがよくて、どこかほっとする感じがあります。窓を開け放して換気をしても、完全に空気が入れ替わらないような籠もった感じがなくなって、今はどの部屋もさらっとして軽いです。

スペースクリアリングをしていただいても、その変化を自分が感じ取れるのか心配でしたが、こうやってはっきり実感できているのがうれしいです。

祭壇は、一人ひとり違って、毎回同じものはないというのを初めて知りました。祭壇を調えていく過程では、じっくりと私に合うようにお花や布の色を選んで下さっているのが分かって、感激しました。完成した祭壇は、私が望んでいることにぴったり合った、私のための祭壇になっていてとてもうれしかったです。色が意味していることのお話が興味深くて、特に青色が印象的でした。

スペースクリアリングは、これから新しいスタートを切るために、部屋と物のエネルギーをクリアにしたいと思って申し込んだので、受ける人へのクリアリングについてはあまり頭にありませんでした。

竹内さんが家のエネルギーを読み取って言われたことが、何で分かるんだろうと不思議でした。そして、自分ではもう大丈夫だと思っていたことに光を当てられたことで、実は未消化だったのだと気づかされました。
心がずっと薄いグレーのモヤにおおわれていた時期もショックを受けた日にさえも涙は出なかったのに、初対面の方の前で泣いてしまうなんて‥。

尋ねられても、言葉にするのにかなりの時間がかかってしまいました。でも、言葉をはさまずゆったりと答えを待って下さる「間」がやさしくて、何なのだろうこの感覚は‥と思いました。いろいろと話して、涙と共に気持ちがきれいになっていくのが分かりました。台風の後の澄み切った青空のような感じで、心がすっと軽くなりました。

それから、自分のパターンについても気づいていませんでした。頭では、人と比べてもしょうがないと思っていたし、それどころか比べているなんて思ってもいませんでした!(ほんとです)でも、そういうパターンを指摘されて、確かに!確かに!!確かに!!!私って、こんなにも周りと比べていたんだー!と驚きでした。
この考え方のクセはまた出ると思いますが、認識しているだけでも、これからはずいぶん違う気がします。

この家の中のあちこちが壊れていて修理が必要だったことにも、今まではあまり意識がいっていませんでした。これからは、家の状態を快適に「私の家」へと調えていきたいです。

明日から新たな気持ちでスタートできます!
本当にありがとうございました。

竹内 清文さんの人生のストーリー

Copyright © 2019 Takeuchi Kiyofumi All rights reserved.